相続税の申告は個人でやろうとするとなかなか険しい道のりとなります。相続税の申告は相続を開始してから10ヶ月以内に税務署に申告をする必要があります。まずは申告に必要な書類を全部揃えることから始まり、申告書を性格に作成して提出しなければなりません。書類関連を間違いなく集めるだけでもかなり骨の折れる作業で、役所や法務局、いくつかの銀行などに言って書類を集める必要があります。

家相続税の対象になるのは故人から引き継ぐさまざまな財産ですが、実際に相続税を納める必要があるかどうかは別の話です。というのも基礎控除というものがあり、相続する遺産の総額がその控除額を超える場合に税金を納めなくてはいけないというルールだからです。基礎控除額は3000万円+(600万円×法定相続人の人数)で計算します

正確に申告しなければ税務署の調査などが入る可能性がありますが、税務署側としても特に申告漏れなどが懸念される人というのを見定めているようで、遺産の総額が三億円以上ありそうだと予想される人や、評価額が5000万円を超える不動産を持っているケースなどが一般的です。もちろんそれ以外にもつじつまの合わない不正確な申告書を提出してしまうと調査対象となりますので正確に申告したいところですが、やはり自分でやるよりも税理士など専門家に依頼するほうが間違いはないでしょう。