税理士に相談しよう


相談実際に相続税の申告をしなければいけなくなった場合、一番確実なのは税理士など専門家に依頼することでしょう。特に申告漏れなどが生じる可能性などを考えると専門家に任せた方が安全です。最大のメリットとしては申告漏れなどのミスを防げるという点と、手間や時間をかけずに申告が行えることです。もし仕事などをしながらこうした申告の書類集めなどを自分でやるとなると大変な時間がかかりストレスにもなります。仕事や日常生活に影響が出ることも考えられますので、適正に迅速に申告を進めるためにも税理士に仕事を依頼すると良いでしょう。

また相続税の申告で重要なのは控除の適用ですが、基礎控除以外にも適用される可能性がある控除があり、配偶者の税額軽減や小規模宅地等の特例などもあります。こうした控除をしっかりと適用するためにも正確な計算が求められますが、こうしたルールは年々内容が変わることも多く、自分一人で正確に算出し申告するのはやはり難しいものです。控除制度をきちんと適用するためにもやはり税理士などプロに依頼するのが良いでしょう。税理士でもさまざまな仕事に携わっていますので、特に相続税の申告に強い、慣れている税理士を調べて仕事を依頼するようにしましょう。

『参考サイト』http://soleil-confiance.co.jp/
相続対策について無料相談を行っているソレイユ総合ナビです。

どうやって申告するの?


相続税の申告は個人でやろうとするとなかなか険しい道のりとなります。相続税の申告は相続を開始してから10ヶ月以内に税務署に申告をする必要があります。まずは申告に必要な書類を全部揃えることから始まり、申告書を性格に作成して提出しなければなりません。書類関連を間違いなく集めるだけでもかなり骨の折れる作業で、役所や法務局、いくつかの銀行などに言って書類を集める必要があります。

家相続税の対象になるのは故人から引き継ぐさまざまな財産ですが、実際に相続税を納める必要があるかどうかは別の話です。というのも基礎控除というものがあり、相続する遺産の総額がその控除額を超える場合に税金を納めなくてはいけないというルールだからです。基礎控除額は3000万円+(600万円×法定相続人の人数)で計算します

正確に申告しなければ税務署の調査などが入る可能性がありますが、税務署側としても特に申告漏れなどが懸念される人というのを見定めているようで、遺産の総額が三億円以上ありそうだと予想される人や、評価額が5000万円を超える不動産を持っているケースなどが一般的です。もちろんそれ以外にもつじつまの合わない不正確な申告書を提出してしまうと調査対象となりますので正確に申告したいところですが、やはり自分でやるよりも税理士など専門家に依頼するほうが間違いはないでしょう。

相続税は何にかかる?


税金関係の手続きというのはいろいろと複雑なものですが、多くの人が人生のうちで経験するのが相続税というものではないでしょうか。相続税という言葉はよく聞くものの、いったいどんな物にどのくらいの相続税がかかるのか、そしてどのように申告し手続きすれば良いのかはなかなかわからないものです。相続税というのは基本的に亡くなった方から受け継いだ財産すべてにかかってくるもので、現金はもちろん預貯金から有価証券、不動産や権利、貸付金なども相続税の対象となります。さらには死亡保険金や死亡退職金なども相続税の課税対象になることを考えると、私たちが想像する以上にさまざまなものに相続税がかかるシステムになっているようなので、いざというときに焦らないように前もって知識をつけておく必要があります。

虫眼鏡そんな相続税の申告ですが、いろいろとトラブルが多いのも事実のようです。例えば相続税の申告内容に疑問があり、税務署の職員が自宅や会社に調査に来るということがあります。そしてそのような調査がおこなわれた場合かなりの確率で申告漏れが指摘されているようです。もちろん意図的な隠蔽などが発覚した場合にはかなり厳しい処置が取られ、本税の35%もの金額が加算されることもあるようなので、いずれにしても適正に相続税の申告をすることが求められており、申告すべき相続税の課税対象がたくさんあればあるほど申告を適切にすることは難しく手間のかかることとなっているようです